アトピーの人は腸内環境を改善するべき!?

乳酸菌革命

 

アトピーで一番困るのは「はっきりとした原因がわからない事」ですよね。

 

原因がはっきりとわからない為、どうしても症状に対して薬を塗ったりする対症療法が主だってしまいがちです。

 

アトピーに良いとされる様々な情報がたくさん世の中には出ていますが、アトピーの人全員に必ず効果があるというものはないと思います。

 

 

私も中学生の頃からアトピーを発症し、中度程度の症状と長い事付き合ってきていますが一念発起し、脱ステを目指しながら「腸内環境」の改善を目指しました。

 

結論から言うと腸内環境を整えてあげるとかなり症状が出づらくなり、今は一般の方の乾燥肌?くらいまでに落ち着きましたよ!


アトピーの起きる理由のひとつ「IgE抗体」とは?

 

これだけではありませんが、アトピーが起きる要因の一つによくあげられる「IgE抗体」というものがあります。

 

これは本来、ウイルスや細菌といった異物の侵入を防いでくれる物質なのですが、数が増えすぎたり、働きすぎたりすると炎症や湿疹、赤みなどの症状を引き起こすと言われています。

 

また、アトピーの患者のうち8割程度の方がこの「IgE抗体」が異常に高いそうです。

 

 

※IgE抗体はアレルギー検査の際にも使われるものなので、ご自分のアレルゲンをきちんとチェックした事がなければ一度病院でアレルギー検査をおすすめします。

 

 

IgE抗体と腸の関係について

 

実はIgE抗体を含む免疫細胞は約7割が小腸に集中しているといわれています。

 

そこで小腸を含む腸内環境を整えてあげて、IgE抗体の生産量のバランスを正常に保つ事でアレルギー・アトピーの症状が緩和されるようになります。

 

その為乳酸菌を積極的に摂取し、善玉菌を増やしてあげて悪玉菌の発生を抑制し、腸内環境を改善すればアトピーの症状も楽になっていくという事になります。

 

もちろん、乳酸菌をとる以外にも暴飲暴食を避けたり、定期的な運動を心掛けたりなど、健康的な生活習慣を心掛ける必要もありますが。

 

 

※両親がアレルギーの場合、子供遺伝するといわれていますが、生まれた子供に乳酸菌を与えてあげるとアトピーの発症率が下がる、というデータもあるそうです。