乳酸菌革命を飲むとお腹が痛くなる?体験した結果!

乳酸菌革命

 

「腸内環境を元気にしようとヨーグルトを食べて乳酸菌をとる」

 

「カルシウムを摂取するのに牛乳を飲む」

 

こういった事はかなり昔から言われていますが、健康の為に乳製品を飲んだり食べたりしたのにお腹がゴロゴロしたりお腹が痛くなったり。

 

健康の為にと思っているのにお腹が緩くなったりしてしまっては本末転倒ですね。

 

 

そもそもお腹が痛くなってしまう原因は乳製品に含まれる【 乳糖 】が原因と言われています。

 

乳糖は牛乳や乳製品の甘みの成分なのですが、この乳糖を分解出来る「ラクターゼ」という酵素は日本人は遺伝的に持っている数が少ない為、お腹がゴロゴロしたり緩くなってしまうそうです。

 

こういった原因によるお腹の症状は「乳糖不耐症」と呼ばれています。

 

※ちなみに乳糖不耐症はアレルギーはとは全く別のモノですので、ご注意ください。

 

 


乳酸菌にも乳糖は含まれているの?

 

乳酸菌そのものには乳糖は含まれていません。

 

あくまで乳製品の成分になりますので、直接乳酸菌を摂取する分にはお腹がゴロゴロなる事はまずないと言ってよいと思います。

 

 

乳酸菌には乳糖を分解する酵素ラクターゼを持っている菌もいます。

 

中には「牛乳はダメだけどヨーグルトなら大丈夫」という方は、この乳酸菌に含まれるラクターゼがヨーグルトに含まれる乳糖を分解してくれている為、お腹が痛くなりにくいのです。

 

ですが、ヨーグルトの乳糖も完全に分解するところまではいかず、乳糖は残っている為ヨーグルトでもお腹がゴロゴロしたり、緩くなってしまう可能性はあります。

 

お腹をゴロゴロさせずに乳酸菌を摂取するならサプリなどで

 

上でご紹介した通り、乳酸菌そのものには乳糖が含まれていないため、乳酸菌を効率よく摂取出来るサプリ類であればお腹を傷めず腸内環境を改善する事が出来ます。

 

例えば当サイトでご紹介している「乳酸菌革命」の成分はこちらです。

 

  • 乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)
  • 食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)
  • ガラクトオリゴ糖
  • コーンスターチ
  • グルタチオン含有酵母エキス末
  • 乳酸菌末(EC-12)
  • 有胞子性乳酸菌
  • 乾燥生菌末(ガセリ菌)
  • ラブレ菌
  • HPMC

 

乳製品の成分はなく、乳酸菌のみが配合されていますので、お腹が痛くなったりする心配はほぼないです。

 

実際、私も牛乳でお腹を下す乳糖不耐症なんですが、この乳酸菌革命を飲んでも特にお腹が痛くなったりはしていません。

 

 

 

あなたが乳糖不耐症だけど腸内環境が気になっている・・・というのなら一度サプリで乳酸菌を摂取するのも検討してみてはいかがでしょうか?