お腹がゆるいなら乳酸菌で抜本解決を目指しませんか?

乳酸菌革命

 

通勤や通学中、仕事や受験など重要なタイミングで突然やってくる腹痛には困ったものですよね。

 

お腹が痛くなってしまう原因には様々な要因がありますが、この場合、過敏性腸症候群(IBS)の可能性があります。

 

 

過敏性腸症候群(IBS)とは!?

 

腸などには炎症等の異常がないにも関わらず、下痢、便秘、腹痛など、消化管機能異常が慢性的に起こる状態の事を指しています。
日本人の1割~2割程度が過敏性腸症候群の患者であるといわれているそうです。

 

 


起きてしまった腹痛に対処するには?

乳酸菌革命

 

通勤や通学中、大事な商談・会議で過敏性腸症候群(IBS)の症状が出てしまった場合は、ストッパやロペラマックサットなどの下痢止めで対処するしかないかと思います。

 

さらに言えば「もう・・・限界!!!」というところまで追い込まれてしまっている場合だとストッパなどでもさすがに効果はありません。

 

下痢止めを服用するなら初期症状を感じたらすぐ飲むという感じがいいでしょう。

 

一般的に一回の服用で2~4時間は効果があるといわれていますが、このあたりは個人差がありますので過信は禁物です。


根本的に解決するには腸内環境の改善を!

 

日本消化器病学会によると過敏性腸症候群(IBS)は意識的に乳酸菌摂取する事で症状が緩和・軽快するそうです。

 

もちろん、過敏性腸症候群による腹痛が起きる原因はストレスやプレッシャーなど精神面も影響する為、腸内環境を改善するだけで完治するわけではありません。

 

腸内環境を整えつつ、自律神経を正常に戻す治療もあわせて実施していく事で大幅な効果が期待出来ると思われます。

 

 

乳酸菌については当サイトでもご紹介していますので、よかったらご覧くださいね。

 

 

 

 

>>当サイトの乳酸菌体験レビューはコチラ<<